再建築不可物件

再建築不可物件

市街化調整区域の土地を購入は危険。そのデメリットを解説します

市街化調整区域は、豊かな自然が残るなど魅力的に見える一方で、さまざまな制限があるため、不動産購入には注意が必要です。一見メリットが多そうですが、市街化調整区域には住宅地としての制約や、不動産投資におけるリスクも存在します。 購入を検討する際...
再建築不可物件

分かりづらい建築基準法42条と43条をわかりやすく解説します!

建築基準法の42条と43条は、建物の立地に関わる重要な条文ですが、その内容は複雑で理解しにくいことが多いです。この記事では、建築基準法の道路に関する規定と接道義務についてわかりやすく解説しています。42条では、建築基準法上の道路の種類とその...
再建築不可物件

43条2項(但書き)とは?再建築不可物件の救済措置!

再建築不可物件に関する包括的なガイドを提供します。本ガイドでは、建築基準法第43条第2項の救済措置、再建築不可物件の定義、接道義務、道路の種類、そして再建築に関する様々な調査方法について解説します。また、裏ワザや抜け道として知られる「43条...
再建築不可物件

セットバックの全て – 基本から費用まで徹底解説

セットバックとは、土地の境界線を後退させることで道路幅を拡張し、土地利用を最適化する手法です。このプロセスは再建築可能性の向上や売却促進といったメリットをもたらす一方で、土地面積の減少というデメリットも伴います。また、斜線制限の緩和といった...
再建築不可物件

再建築不可物件で住宅ローンなど融資を引き出す方法とは?

再建築不可物件の購入やリフォームに際し、住宅ローンやその他の融資を活用する方法を探求します。再建築不可であることの意味、住宅ローンの利用が困難な理由、返済リスクの高さ、そして担保価値の問題点を解説。さらに、フラット35の利用可能性、ノンバン...
再建築不可物件

道路に面していない土地を高く売るための方法と注意点!

この記事では、道路に面していない土地を売却する際の方法と注意点について詳しく解説します。道路に面していない土地は、通常、売買価格が安くなりがちで、再建築不可物件となるリスクが高いため、売却には特別な戦略が必要です。この記事では、売却価格の算...
再建築不可物件

再建築不可物件を再び建築可能にする抜け道を紹介!

このガイドでは、様々なタイプの再建築不可物件を建築可能にする、実用的な解決策を提供します。道路に接していない袋地状の物件、建築基準法の道路に接していない物件、但し書き道路に接道している物件、間口が2m以下の物件、市街化調整区域内の物件など、...
再建築不可物件

市街化調整区域で再建築不可?でも裏ワザを使えば土地活用も検討可能!

市街化調整区域内での建築は一見難しそうですが、知られざる裏技を使えば土地活用が可能です。本ガイドでは、市街化調整区域の基本的な定義から、開発許可の取得方法、さまざまな建築手法(宅地利用、住宅兼用店舗、分家住宅など)について詳しく解説します。...
再建築不可物件

私道の接道義務の確認方法や購入時に注意すべき点を解説!共有私道についても解説します!

私道の接道義務を理解し、購入時に注意すべき点を徹底解説!公道と私道の違いから、法律上の「道路」であるかの確認方法、共有私道の扱いについても詳しく説明します。また、再建築できない場合の対処法や、私道に面する土地・建物の取引時に確認すべきポイン...
再建築不可物件

市街化調整区域にある不動産は売れるのか?特徴と一般の不動産との違いを説明します!

市街化調整区域内の不動産は、一般の不動産と比較して売却が難しいとされています。本記事では、市街化調整区域の特性、市街化区域、非線引き区域との違い、そしてその目的について解説します。また、市街化調整区域における不動産の売却にはどのようなデメリ...