知っておきたい!差し押さえから競売までのステップガイド

その他の訳あり物件

差し押さえから競売に至るプロセスは、多くのステップと法的手続きを伴います。本ガイドでは、担保となっている不動産が裁判所の手続きによって売却される過程を詳細に解説します。また、債務の返済が滞っている場合に行われる競売の特徴や、債権者の権利がどのように優先されるかについても掘り下げています。滞納から不動産競売までの一連の流れ、競売を免れるための任意売却の選択肢、そして任意売却のメリットやタイミング、専門の不動産屋への相談の重要性についても詳しく説明します。このガイドを通じて、不動産競売の複雑なプロセスを理解し、適切な対処方法を学ぶことができます。

競売とは?

担保となっている不動産を裁判所の手続きにより売却する

競売とは、債務の担保となっている物件を裁判所の監督のもとで売却する手段です。このプロセスは債権者がその担保物件を現金化する際に用いられます。担保物件は元々所有者のものであり、債権者が勝手に売却することは許されません。そのため、裁判所による公式な競売手続きが必要となります。

この競売プロセスは、債権者の申し立てによって開始され、裁判所が管理・実施します。物件の売却は、指定された期間内に行われる入札を通じて進められ、最高額を提示した入札者が買受人として選ばれます。このように競売は、通常の売買とは異なり、裁判所の厳格な管理下で行われることが特徴です。

債務の返済が滞っている場合に行われる

競売の対象となるのは、債務の返済が著しく滞っており、債務者が自らの返済能力で解決が困難であると判断される場合です。通常、4ヶ月から6ヶ月程度の返済滞納が発生した後、債務者は「期限の利益の喪失」という状態に陥ります。これにより、債権者は競売を進めるための「差し押さえ」手続きに移行し、それにはさらに2~3ヶ月を要します。その後、競売の準備が始まります。ただし、1~2ヶ月の返済遅延だけでは競売に至ることは稀です。この過程は、債務者の権利保護と債権者の利益確保のバランスを考慮して慎重に行われます。

債権者の権利が優先される

競売のプロセスでは、債権者の権利が優先されるため、債務者(物件の所有者)の状況はほとんど考慮されないのが一般的です。これは、債務者の返済義務を確保し、債権者が損失を被らないようにするための措置です。

例えば、競売においては、物件の現況調査、入札期間の設定、物件の明け渡し日などの重要な日程は裁判所によって決定されます。これらの決定は原則的に、物件所有者の個人的な事情を考慮せずに行われます。所有者が現況調査や明け渡しに協力しない場合、裁判所の執行官は強制的に立ち入りを行う権限を持ち、必要に応じて鍵の破壊や荷物の強制移動も行われることがあります。このように、競売手続きは債権者の権利保護を最優先として進められます。

滞納から不動産競売までの流れ

催告状・督促状の送付(滞納から5か月まで)

住宅ローンの滞納が発生した際、金融機関は催告状や督促状を送付し、滞納金の支払いを求めます。このプロセスは、滞納開始から約5か月間続くことが一般的です。この期間内には、金融機関からの書面による通知だけでなく、電話や直接訪問を通じて返済の督促が行われることがあります。

この時点で、通常通りの返済が困難であれば、迅速に金融機関に連絡し、返済プランの見直しや月々の返済額の調整を検討することが重要です。金融機関は通常、債務者が返済能力を回復し、ローンを継続できるように協力的な対応をすることが望まれます。この段階で適切な対応をとることが、不動産競売への進行を防ぐためには不可欠です。

期限の利益の喪失(滞納から半年程度)

滞納が約半年間続くと、債権者(例えば金融機関)から「期限の利益の喪失」に関する通知書が送付されます。「期限の利益の喪失」とは、ローンの残りの額を分割払いではなく、一括で支払う義務が発生することを意味します。具体的には、この通知により、「滞納が続いているため、これまでの分割払いの権利を失い、残高を一括で返済する必要がある」と通達されます。

この重要な変更は、ローン契約書に基づいて行われます。契約書には、滞納によって期限の利益を失う条件が明記されているはずです。この段階に至ると、債務者にはローン残高の一括返済の要求がなされ、返済計画の再検討や金融機関との交渉が急務となります。期限の利益の喪失は、不動産競売に向けた重要な転換点となるため、早急な対応が必要です。

代位弁済通知・差押通知の送付(滞納から7~8か月程度)

滞納が7~8ヶ月に及ぶと、住宅ローンに関連して2種類の重要な通知が届きます。まず、代位弁済通知が送付されます。これは、保証会社が債務者に代わって住宅ローンの残債を金融機関に支払ったことを通知するものです。この書面には、保証会社が債務者に対して支払った金額の返済を請求する旨が記載されています。この時点で、保証会社が新たな主たる債権者となります。

次に、差押通知が届きます。これは、新たに債権者となった保証会社が裁判所に申し立てを行い、債務者の不動産を差し押さえたことを告知する書面です。差し押さえとは、不動産の所有者がその財産を売却や譲渡することを禁じる法的手続きを指し、これにより不動産は競売に向けて保全されます。差し押さえは通常、競売に先立って行われ、債権者が財産を確保するための重要な手段となります。

競売の開始決定通知の送付(滞納から9か月程度)

滞納が約9ヶ月続いた後、差押え通知の送付からおよそ1ヶ月後に、競売の開始決定通知が送付されます。この通知は、裁判所が手続きを経て不動産の競売を決定したことを債務者に伝えるものです。この書面には、競売を通じて不動産が売却されることが正式に通知されます。

この開始決定通知を受け取ると、競売プロセスが本格化します。この段階では、裁判所は競売の日程設定、入札条件の決定、公告の発行などの準備に入ります。債務者にとっては、この通知が不動産の競売が確実に進行していることを示す重要なサインであり、可能な限りの返済計画の再検討や、法的な対応策の検討が必要となります。

裁判所職員による現況調査(滞納から10か月程度)

競売の開始決定通知が送付された後、約10ヶ月の滞納期間を経て、裁判所の職員による現況調査が実施されます。この現況調査は、競売にかけられる物件の状態や価値を把握するための下見といえます。具体的には、物件の物理的状態、土地や建物の特徴、価値評価など、競売実施に必要な情報を収集する目的で行われます。この調査には通常、執行官、不動産鑑定士、および補助者が参加します。

物件所有者には、この現況調査への協力が求められます。現況調査を拒否することは原則としてできません。所有者の中には、自宅に裁判所職員が立ち入ることに対して抵抗を感じ、訪問を無視するケースもありますが、この場合、執行官には鍵を破壊して物件に立ち入る権限が与えられています。そのため、協力しない場合でも実力行使による現況調査が進行する可能性があります。所有者にとっては、この段階での協力が将来の競売プロセスに影響を与える可能性もあるため、注意が必要です。

競売の期間入札通知の送付・BITへの情報公開(滞納から13か月程度)

現況調査が完了した後、滞納から約13ヶ月が経過すると、競売の期間入札通知が送付され、同時に物件情報がBIT(競売物件情報サイト)に公開されます。この期間入札通知は、競売の入札が開始される日付と終了する日付を債務者に伝えるものです。一方、BITは、競売プロセス中に物件の詳細情報を一般公開するウェブサイトを指します。

この段階になると、物件が競売にかけられていることが外部に広く知られるようになります。その結果、物件の競売事実が知人や近隣の住民に知られる可能性が高まります。この公開は、競売物件に対する入札者を募るための重要なステップであり、物件の透明な売却を促進する目的があります。したがって、債務者はこの通知を受け取った後、競売プロセスの進行と共に、周囲への説明や対応を検討する必要があるかもしれません。

入札開始

競売のスケジュールは、競売の入札通知通りに行われます。競売期間は1週間から1か月の間であり、この期間内に最高値で入札した人が買受人となります。

買受人の決定・引渡し

競売を免れる:任意売却の選択

任意売却とは

任意売却は、住宅ローンの滞納などで競売になる前に、物件を市場価格に近い金額で売却する方法です。このアプローチの大きな利点は、競売よりも高い価格で売却できる可能性があり、その結果、残っているローンの残債を減少させることができる点です。任意売却では、金融機関との協議が必要となりますが、売却に伴う引越し時期などの条件についても交渉が可能です。

また、任意売却は通常の不動産売却プロセスと同様に進められるため、近隣住民に売却の事実が知られるリスクは低くなります。売却時の仲介手数料やその他の関連費用は、売却代金から支払われることが一般的です。

任意売却が完了した後の残債についても、金融機関との相談を通じて返済条件を再調整することが可能です。返済に困難を抱えている場合や金融機関からの催促が厳しい場合は、任意売却を専門とする企業に相談することで、解決の糸口が見つかるかもしれません。任意売却は、競売に比べてより柔軟かつ効果的な解決策となり得ます。

任意売却のメリット

任意売却には複数のメリットがあります。

  1. 市場価格に近い金額での売却 任意売却を行うことで、通常の仲介売却と同様に市場価格に近い金額で物件を売却することが可能です。これにより、競売に比べて残債の減少を図ることができます。
  2. 引越し時期の柔軟な調整 任意売却では、引き渡しの時期を相談し、計画的に転居先を決定し引越しができます。これに対し、競売では強制的に退去する必要があります。
  3. 引越し代の交渉 金融機関との交渉を通じて、引越し代の一部を手元に残すことが可能になります。
  4. 売却事情のプライバシー保護 任意売却は通常の不動産売却と同じプロセスを経るため、近隣住民に売却事情が露見することが少なくなります。これは、競売の場合には公開される情報が多いため、特に重要な点です。
  5. 売却にかかる諸費用の売却代金からの支払い 売却に必要な諸費用は、売却代金から支払うことができ、追加の出費を避けられます。
  6. 売却後のローン返済条件の再交渉 任意売却後に残るローンについては、金融機関との交渉を通じて、返済金額や期間の調整が可能です。これにより、債務者の今後の生活や収入状況に合わせた返済プランを検討できます。

任意売却のタイミング

任意売却の依頼は、住宅ローンの返済に問題が発生した初期段階で行うことが望ましいです。競売を避けるためには、開札日の前日までに売却を完了させる必要があります。任意売却のプロセスは通常、2~6ヶ月程度を要するため、問題が発生した初期段階で不動産会社に相談することが重要です。

任意売却には金融機関との交渉、買主との協議、さらには様々な手続きが必要となります。また、裁判所の手続きの流れを含めた全体的なプロセスを熟知している不動産会社に依頼することが安心できます。

もし現在住宅ローンの返済が滞っている場合は、できるだけ早く不動産会社に相談することを推奨します。早期の行動は、競売という状況を避けるために非常に重要で、より良い条件での売却や滑らかな手続きの可能性を高めます。

任意売却は専門の不動産屋へ相談すべき

任意売却は、そのメリットが大きい一方で、専門的な知識と経験が必要なプロセスです。成功に導くためには、任意売却を専門とする不動産会社に相談することが非常に重要です。

任意売却では、以下のような特殊な業務が発生する可能性があります:

  • 売却代金の債権者ごとの返済割合を示す配分案の作成
  • 売却代金から引越し費用や税金などの持ち出しに関する許可の獲得
  • 開札期日の前日までの売買の完了

これらの業務をスムーズに進行させるには、専門的な手腕と経験が必要です。任意売却の経験が少ない不動産会社では、これらの特殊な要件に対応することが難しく、失敗のリスクが高まります。そのため、任意売却を依頼する際には、「不動産会社の任意売却における実績の豊富さ」や「任意売却を専門としているかどうか」をしっかりと確認することが重要です。専門知識を持つ不動産会社に相談することで、任意売却のプロセスを円滑かつ効果的に進めることが可能になります。

泉俊佑

Sity,Inc.代表の泉俊佑です。同社は空き家や事故物件などの売れにくい不動産の買取再販を行う不動産業者です。同社が運営しているサービスサイトである「瑕疵プロパティ買取ドットコム(瑕疵プロ)」の運営者も務めています。宅地建物取引士。

泉俊佑をフォローする

簡単入力30

「他社で断られた」
「査定価格を知りたい」、
「空き家の管理をお願いしたい」など
お気軽にお問い合わせください。

訳あり物件の
スピード査定をしてみる

簡単フォームで30秒

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。